僕のYak Shavingは終わらない

車輪の再発明をやめたらそこには壮大なYakの群れが

クリエイティブなことがしたくて

どこにでもありそうなサービスを作ること。

それ自体は学習という意味においては車輪の再発明も十分価値のあること思っている。

そしてそれを繰り返していく中でどうやったら新しい価値を生み出せるのか?

今はそれについて悩んでいる。

 

いつまでも再発明をするだけでいいのか?

「いけないと思っている」

それにしたって学ぶべきことが多すぎないか?

「いつになったら一人前になるのか?」

わからない。

 

「成長とは変わること」

って定義にそうなら、新しことを始めてみないといけないかなと思う。

 

 

広告を非表示にする