読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のYak Shavingは終わらない

車輪の再発明をやめたらそこには壮大なYakの群れが

Macでのサクッとイイ感じの開発環境(iTerm2 + MacVim + tmux編)

iTerm2 + MacVim + tmuxでの連携が今までイマイチだったので設定しました。

上記のものは入っている前提で、

.zshenvに以下を追加でTerminal内でもMacVimを使う

if [ -f /Applications/MacVim.app/Contents/MacOS/Vim ]; then
  alias vi='env LANG=ja_JP.UTF-8 /Applications/MacVim.app/Contents/MacOS/Vim "$@"'
  alias vim='env LANG=ja_JP.UTF-8 /Applications/MacVim.app/Contents/MacOS/Vim "$@"'
fi

tmuxでのクリップボード連携を可能にする

$ brew install reattach-to-user-namespace
$ echo 'set-option -g default-command "reattach-to-user-namespace -l $SHELL"' >> ~/.tmux.conf

.vimrcの設定

NeoBundle 'kana/vim-fakeclip.git'
set clipboard=unnamed

追記(2013/01/24 23:28)

.tmux.confに以下を追加でCtrl+b Ctrl+cでtmuxのbufferの中身をクリップボードにコピーできた

bind C-c run-shell "tmux save-buffer - | reattach-to-user-namespace pbcopy"

ちなみにrun-shellの部分をrunにしていると文字化けしてしまっていた。
参考:http://d.hatena.ne.jp/tmatsuu/20111220/1324399472
追記終わり

まとめ

これで新規にtmuxを立ち上げればVim上でのヤンクをtextareaに貼り付けたり、WebのテキストをpでVimにペーストできるようになりました。

超便利!

参考
http://www.tokoro.me/2012/12/31/mac-terminal-japanese/
http://qiita.com/items/558c07f0bd82f64cda73

広告を非表示にする